Q: 治療は何歳から受けられますか?【AGA質問】

2018.10.10 AGAよくある質問

A:AGA(男性型脱毛症)は基本的に20歳以上であれば、誰でも治療を受けることが可能です。

AGAの治療は20歳以上から

AGA(男性型脱毛症)は基本的に20歳以上であれば、誰でも治療を受けることが可能です。
クリニックで使用されるAGA治療薬は、男性ホルモンに抑制効果があるものや、血液拡張効果があるものがあり、こちらは未成年者へ使用ができません。

人体に危険がある医薬品ではありませんが、未成年者への使用には制限があります。特に、男性ホルモンへの作用が見込まれる医薬品の使用は安全上成人男性のみが服用可能となっております。
しかし、最近ではAGAが低年齢化しているとも言われており、10代や20代でAGAが発症するケースも珍しくなく、未成年の抜け毛・薄毛のお悩みを抱えている方もいらっしゃいます。

20代の「若ハゲ」その原因とは…?

日本人男性のAGA患者は3人に1人とよばれています。20代で発症する、いわゆる「若ハゲ」にお悩みの方もいらっしゃるかと思います。
「若ハゲ」は、血縁者の遺伝的要因以外にも、以下の様な生活習慣を見直すことで症状を改善できる可能性もあります。

・食生活の乱れ
・飲酒や喫煙
・不規則な睡眠時間
・ストレス
・カラーやパーマなどによる髪・頭皮へのダメージ

一つ一つの生活習慣の改善も必要ですが、AGAは進行型の病気です。まず専門医療機関で原因をしっかりと特定し、現在の症状や進行度を把握することが重要です。
新陳代謝が活発な若いうちに適切な治療を受けることは、高い治療効果が見込めます。
症状の進行を放置したり、ケア方法を誤って悪化させたりしまう前に、まずはご相談ください。

未成年の選択肢とは…?

未成年の方の治療方法には、「自毛植毛」という選択肢もあります。
「自毛植毛」は年齢制限がなく、何歳からでも治療を受けることが可能です。
自毛植毛とは、自身の髪の毛を採取し薄毛部分に直接植毛する方法です。

患者様が希望する薄毛部分に対して必要な分だけ植毛できる「自毛植毛」ですが、それには健康な髪を採取できることが条件となります。
比較的後頭部の髪を採取されることが多く、髪の毛包ごとくり抜き植毛していきます。植毛後は定着した髪が再び自毛として成長するメリットもあります。
自毛植毛は95%を超える患者様がきちんと定着しますが、人によっては定着率が低い場合があります。
植毛した髪の一部しか定着しなかったという例もゼロではありません。自分がどのくらい定着するのかは、施術経過を見て見なければ分かりません。

未成年の抜け毛・薄毛に対するご相談や自毛植毛に関するメリットデメリットも当院では承っております。ぜひカウンセリングに一度ご来院ください。

人体に危険がある医薬品ではありませんが、未成年者への使用には制限があります。特に、男性ホルモンへの作用が見込まれる医薬品の使用は安全上成人男性のみが服用可能となっております。

  • ■アクセス
    〒330-0845
    埼玉県さいたま市大宮区仲町2丁目41 KETYビル5F
    TEL:048-657-9696
    ※診療時間外は電話に出れない可能性があります。
    大宮駅東口徒歩4分

    ■診療時間

    午前 午後
    月・木 11:00〜13:00 14:00〜20:00
    金・土・日・祝 10:00〜13:00 14:00〜19:00
    火・水 休診 休診
    診療日の変更のご案内:
    ■休診日
    ・9/19(土), 20(日), 21(月)
    ・11/22(日), 23(月)
    ■振替で火水の診療日
    ・9/02(水)【11:00~13:00、14:00~20:00】
    ・9/16(水)【11:00~13:00、14:00~20:00】
    ・9/23(水)【11:00~13:00、14:00~20:00】
    ・11/24(火)【11:00~13:00、14:00~20:00】
    ・11/25(水)【11:00~13:00、14:00~20:00】
    上記以外のお時間が希望の場合は一度ご連絡いただけると幸いです。
    ご了承のほどお願い申し上げます。

    ※時間通りに受診したい方はご予約をお願いいたします。
    ※当日受診も受け付けております。
    (ご予約の方が優先となるためお待ちいただく場合がございます。)

当日のご予約も承っておりますので、お気軽にお電話ください。