HIVとAIDS(エイズ)は何が違うのか?それぞれの症状、対処法を解説

HIVとAIDS(エイズ)は同じ病気ではありません。
よく、HIV=AIDSを勘違いされている方がいらっしゃいますが、それは誤った知識になります。
性感染症(以下「性病」という)の中でもよく聞くこの2つの病気について、どのような違いがあるのか?対処方法はどうしたらいいのか?について、解説いたします。

HIVとAIDSの違いについて

HIVとは

HIVとは、Human Immunodeficiency Virus「ヒト免疫不全ウイルス」の頭文字の略称です。
HIVはウイルスの名称で、HIV感染症はウイルスに感染している状況を指しています。

AIDSとは

一方、AIDSは、Acquired immune deficiency syndrome(後天性免疫不全症候群)の頭文字の略称です。
HIVに感染した後、免疫能が低下して、「真菌症・原虫症・細菌感染症・ウイルス感染症・悪性腫瘍」などのAIDSの指標疾患が発症した状態を指します。

HIVの感染経路について


HIVの感染には大きく分けて3つのパターンがあります。
また、感染の疑いある際の症状について解説いたします。

HIVの感染経路、考えられる3つのパターン

①性行為、それに準ずる行為による感染

HIVの感染は大半が性行為、それに準ずる行為による感染によるものです。また、その場合の感染経路のほとんどが粘膜感染によるものです。
例えば、女性は膣粘膜・男性は亀頭部分(粘膜)の細かい傷から、HIVウイルスが侵入し感染します。
そして、他の性病に感染していると粘膜が傷つきやすくなり、HIVが侵入しやすくなり、HIVの感染リスクが高まります。
HIVは性行為により誰でも感染する可能性があるため、コンドームの正しい使用法などによる感染予防が重要になります。

②血液感染

血液感染のパターンは、「注射器・注射針の使い回し」「HIVが存在する血液の輸血」「医療現場・献血等での針刺し事故」などが考えられます。
このように、HIVの感染経路はB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスと似ています。
しかし、日本の医療機関や献血場所では注射器・注射針は使い捨てで使用されています。
また輸血では厳格なHIV検査が実施されております。そのため、HIVの血液感染の可能性は極めて低いです。

③母子感染

母子感染は、HIVに感染した女性が妊娠中や出産時、出血又は母乳によりお母さんから赤ちゃんにウイルスがうつることがあります。しかし、現在では感染予防策を実施することで、ほぼ、母子感染を防ぐことができます。そのため、現在では母子感染による赤ちゃんへのHIV感染の確率は0.5%未満となっております。

HIV感染時の症状について


HIV感染直後には下記のような症状がみられることがあります。

  • 発熱
  • 咽頭痛
  • 咳、鼻水
  • 倦怠感
  • 下痢、吐気
  • 食欲不振

このようにインフルエンザと似たような症状が出ることがあります。
症状が出るのは感染から数週間ほどで、ほとんどは自然に消滅します。
また、感染者全員に症状が現れるわけではないので、HIV感染に気づかず早期発見できない場合も多くなります。
少しでも違和感を感じた際には、HIV検査を受けるのがお勧めです。

AIDS発症までの3段階期間と症状

HIVの感染後に治療が行われず、AIDSが発症するまでの期間は3段階に分けられます。

AIDS発症までの1段階目「HIV感染初期期間(急性期)」

最初の段階は「HIV感染初期期間(急性期)」になります。
HIVに感染した直後のインフルエンザと同じような症状が出現します。

AIDS発症までの2段階目「無症候性キャリア期」

急性期の後は、症状がない「無症候性キャリア期」になります。
無症候性キャリア期の怖いところは、症状がないため、「自分は大丈夫」と認識してAIDSが発症してから気付くことです。
また、無症候性キャリア期の期間は個人差が大きく、HIVに感染していることに気付かずに他者への感染源になることもあります。
しかしこの期間もHIVは増殖し続けており、感染者の免疫力は徐々に低下していきます。

AIDS発症までの3段階目「AIDS期」

HIVの検査・治療を受けずにいると、感染者の約半数が10年前後を経過するとAIDSを発症します。
AIDSが発症、またその前ぐらいからは下記のような症状が見られます。

  • 長期間にわたるしつこい下痢
  • 原因不明の体重減少
  • 大量の寝汗

そして、AIDSは23の合併症と言われる指標疾患があり、それらいずれかを発症した状態をAIDSと診断します。

いきなりAIDSとは?


HIVの感染後は大きく3段階の期間があるとご紹介いたしましたが、それ以外にも「いきなりAIDS」というケースがあります。

いきなりAIDSは、HIV感染症は症状が分かりづらいため、AIDSを発症して気付くパターンになります。

AIDSを発症した場合、余命は2〜3年と言われています。
また、HIV感染の早期発見はAIDS(エイズ)の予防治療で対処できる場合が多いですが、AIDS発症後は入院治療が必要になるケースも多いです。そのため、いきなりAIDSの場合は入院が必要になる可能性が高いです。

AIDSになる前に!HIV検査について


誰もがAIDSになりたくないと思います。重要なのはAIDSを発症させないことで、HIVの感染の有無を検査で判定することです。
HIVは感染直後に検査を実施しても感染の有無を正しく判定できない可能性があることから、感染してから22日(約3週間)以上経ってからHIV検査を可能とする病院が多いです。

ただし、リアルタイムPCR法と呼ばれる検査法では、感染して11日(約2週間)後から検出が可能となり、従来より早く検査を受けられます。

まとめ

HIVとAIDSは混同されがちですが、それぞれ異なる意味を持つ言葉になります。
ご自身とパートナーの健康と安全のためにも、重要なのは早期にHIV検査を行うことです。
HIVへの感染の不安を抱えている方は、一度HIVの検査を検討してみてください。
ご自身がHIVに感染しているかどうかは検査を受けないと判断することができません。
HIVに感染していても早期の発見はAIDSの発症を予防できる可能性が高くなります。
また、大切なパートナーへの感染を防ぐことにもつながります。
不安や悩みを解消するためにも、ぜひ一度HIV検査を受けてみることをおすすめします。

執筆者:成田 学史
ノワール大宮クリニック院長(医師)
2014年(平成26年) 北海道大学医学部医学科卒業

  • ■アクセス
    〒330-0845
    埼玉県さいたま市大宮区仲町2丁目41 KETYビル5F
    TEL:048-657-9696
    ※診療時間外は電話に出れない可能性があります。
    大宮駅東口徒歩4分

    ■診療時間

    午前 午後
    平日 10:00〜13:00 14:00〜19:00
    土日祝 9:00〜13:00 14:00〜18:00
    不定休(火曜日と水曜日は休診が多いです)
    当月の休診日:
    ・11月は1, 2, 3, 9, 15, 16, 22, 23, 29, 30
    ・12月は6, 7, 13, 14, 20, 21, 27, 30, 31 が休診日となります。
    上記以外のお時間が希望の場合は一度ご連絡いただけると幸いです。
    ご了承のほどお願い申し上げます。

    ※時間通りに受診したい方はご予約をお願いいたします。
    ※当日受診も受け付けております。
    (ご予約の方が優先となるためお待ちいただく場合がございます。)

※女性のお悩みには女性スタッフがお応えします。
※当日のご予約も承っておりますので、お気軽にお電話ください。
(待たずにすぐ検査・治療開始プランをご希望の方は口頭にてお伝えください。お忙しい方のためにも優先的にご予約承ります。)⇒待たずにすぐ検査・治療開始プラン