クラミジア感染症の検査・治療

公開日:2023年11月18日

更新日:2024年05月27日

クラミジア感染症について解説 クラミジア



☑ 即日診断・即日治療(治療のみも可)

☑ 結果のネット照会

☑ プライベート個室診療

クラミジア感染症の検査可能期間

クラミジア感染症(以下「クラミジア」という)は国内で最も多い性病とされています。性器において男性で5割、女性は8割は症状を自覚しないとされ、咽頭では症状を自覚しないか特異的な症状がなく、感染しても気がつかない人が多い病気です。検査ができる時期としては、症状の有無に関わらず感染機会からすぐに検査が可能です。

クラミジア感染症の検査方法・費用

【即日】クラミジア感染症検査の場合

・採取部位    咽頭 検査費:8,800円
         性器 検査費:8,800円
         肛門 検査費:8,800円
・検体採取方法  咽頭ぬぐい液、尿道ぬぐい液(男性)、膣ぬぐい液(女性)、肛門ぬぐい液
・検査方法    抗原抗体検査
・検査結果    15~30分程度

【通常】クラミジア感染症検査の場合

・採取部位    咽頭 検査費:5,500円
         性器 検査費:5,500円
         肛門 検査費:5,500円
・検体採取方法  うがい液、尿(男性)、膣ぬぐい液(女性、尿も可)、肛門ぬぐい液
・検査方法    リアルタイムPCR法
・検査結果    2~3日程度
クラミジアが性器に感染していた場合は咽頭への感染も疑うことが多いです。
咽頭の感染は自覚症状に乏しく、感染に気がつかないことが多いため注意が必要です。
咽頭クラミジアが気になる方はこちら
た、当院では現在の感染の有無を部位ごとに判定する遺伝子検査や抗原検査を実施しています。
稀に血液での抗体検査を希望される方がいますが、治ったとしても抗体が出る可能性があり感染してもすぐに抗体ができるわけではないことから、現在の感染の有無を示していないこと、さらに感染部位を示していないことから実施する意義に乏しく実施しておりません。
※ご希望によって実施も可能です。

クラミジア感染症と淋病のセット検査

淋病もクラミジアと同様に感染頻度が高い性病で、淋病感染者の約30%にクラミジアの重複感染が見られるという報告もあります。男性の淋病はクラミジアより症状を自覚しやすく、クラミジアの症状を覆い隠してしまうことが多いです。女性の場合は淋病もクラミジアもどちらも症状に気がつきにくく、症状を自覚しても似ているため感染を見分けることが難しいです。淋病の検査は検体採取法はクラミジアと同様ですが、判定にはそれぞれの細菌を標的とした検査が必要です。男女ともクラミジアと淋病の症状は似ていることも多いです。そのため、診察で感染の有無の判断は難しく、同時に検査することを推奨しています。
性病の重複感染は珍しくない⁉重複しやすい性病とは

【即日】クラミジア感染症と淋病の検査の場合

・採取部位    咽頭 検査費:16,500円
         性器 検査費:16,500円
         肛門 検査費:16,500円
・検体採取方法  咽頭ぬぐい液、尿道ぬぐい液(男性)、膣ぬぐい液(女性)、肛門ぬぐい液
・検査方法    抗原抗体検査
・検査結果    15~30分程度
またクラミジアと淋病の検査で、性器と咽頭、性器と肛門、咽頭と肛門の即日検査のセットもあり、それぞれ30,800円になります。

【通常】クラミジア感染症と淋病の検査の場合

・採取部位    咽頭 検査費:9,900円
         性器 検査費:9,900円
         肛門 検査費:9,900円
・検体採取方法  うがい液、尿(男性)、膣ぬぐい液(女性、尿も可)、肛門ぬぐい液
・検査方法    リアルタイムPCR法
・検査結果    2~7日程度
またクラミジアと淋病の検査で、性器と咽頭、性器と肛門、咽頭と肛門の通常検査のセットもあり、それぞれ17,600円になります。
単一検査、セット検査それぞれの費用は性器、咽頭、肛門の検査部位ごとに以下となります。
クラミジアと淋病の検査費用はこちら

クラミジア感染症の治療方法

クラミジアの治療は基本的に抗生剤の飲み薬になります。1回飲むものから2週間飲むものまであり、経過等に合わせて治療薬を選択していきます。クラミジアは細胞壁がない細菌であることから、マクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系を使用して治療を実施します。

クラミジア感染症の治療の料金・費用

病名 治療方法 治療薬を投与する期間 費用
クラミジア感染症 抗生剤の内服(飲み薬) 1回~2週間程度 
※治療効果には個人差があります
13200円 
※医師の判断により料金が変わる場合があります。

検査から治療までの流れ

治療薬の内服終了後に1〜2週間以上経過してからクラミジアが検出されないか検査します。

内服薬による治療のため、確実な服薬が行われないことによる不完全な治療もあり得ます。
また、治療効果は約90%と治癒しているか確認の検査を推奨しています。



クラミジアと淋病のお悩みなら、ノワール大宮クリニックへご相談ください

当院は、性病検査・治療をはじめとするデリケートなお悩みの治療に特化した専門クリニックです。

JR大宮駅東口から徒歩4分の好立地で、どなたでも安心して通っていただけます。

また、当院では完全個室診療制を導入しており、患者様のプライバシーを守ります。
人に知られたくないご相談も、安心してお話しください。 

まとめ

  • 症状の有無に関わらず感染機会からすぐにクラミジアの検査ができる
  • クラミジアの検査は性器、咽頭、肛門とそれぞれの感染部位で可能である
  • 検査は即日で結果が出るものと後日結果が出る精密な検査がある
  • クラミジアと淋病は重複して感染していることがあり同時の検査が重要である
  • クラミジアの治療は基本的に抗生剤の飲み薬で実施する

ノワール大宮
性病検査・治療のお悩みご相談ください。
埼玉県JR大宮駅東口徒歩4分、性病検査・治療、AGA(男性型脱毛症)治療・女性の薄毛治療など、デリケートなお悩みに寄り添い、解決へ導く専門医クリニックです。待合から診察までお一人様一室のプライベート個室診療を導入。患者様それぞれにあった治療を行います。
ノワール大宮クリニック 院長:成田学史

執筆者:成田 学史
ノワール大宮クリニック院長(医師)
2014年(平成26年)北海道大学医学部医学科卒業
日本性感染症学会 会員
詳しい医師紹介はこちら
  • ■アクセス
    〒330-0845
    埼玉県さいたま市大宮区仲町2丁目41 KETYビル5F
    TEL:048-657-9696
    ※診療時間外は電話に出れない可能性があります。
    大宮駅東口徒歩4分
    アクセスはこちら

    ■診療時間

    曜日 診療時間
    月火木金 9:30〜13:30、14:30~19:30
    9:30~13:30
    9:00~13:00
    日祝:休み
    水土:不定休

    ※時間通りに受診したい方はご予約をお願いいたします。
    ※当日受診も受け付けております。
    (ご予約の方が優先となるためお待ちいただく場合がございます。)

※女性のお悩みには女性スタッフがお応えします。
※当日のご予約も承っておりますので、お気軽にお電話ください。